カテゴリ:プライベート > 不祥事



    (出典 s.eximg.jp)



    【【悲報】慶応BOY、ポケGOやってたらめっちゃ美人の女を発見!おっぱい触ろうとするもゲットできず敢え無く自分が警察にゲットされる】の続きを読む



    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2017/08/04(金) 07:23:08.03 ID:CAP_USER9.net

    〈モデルの◯◯が50万円〉〈アイドルの△△が100万円〉……こういった女性有名人による売春の「噂」は、芸能関係者の間で常に囁かれてきた。
    ただ、あくまで「噂」の域に過ぎず、これまで表沙汰になるケースはなかった。

     だが、これらは本当だった。しかも、行われていたのは売春だけではない。セックスの様子が密かに撮影され、その動画を元に高額のカネを支払わされる、
    「美人局事件」まで起きているのだ。

     本誌は今回、その証拠となる一本の動画を入手した。収められているのは、現役グラビアアイドルのAがセックスに興じる姿だ。スレンダーな肢体に
    Gカップの巨乳で注目を集めた彼女は、これまでに数冊の写真集を出しているだけでなく、テレビドラマや映画にも出演してきた。

     そんなAの相手は、IT系企業を経営する青年実業家のB氏という人物。動画の中で二人は激しく絡み合っているが、彼らは恋人同士ではなく、AはB氏から
    カネを受け取って肉体関係を結んだのである。

    「動画が撮られたのは、3年ほど前。芸能プロ社長のCという人物の仲介で、AはB氏を紹介されました。Aは仕事の悩みを親身に聞いてくれるCに心酔していたため、
    売春を行い、動画盗撮に協力したんです」(Cをよく知る芸能関係者)

     そして、このセックス動画を撮った後、CはB氏に「仕事を回せ」と持ちかけ、多額のカネを支払わせたというのだ。Cは明らかに恐喝と取れる、
    こんな言動までしていたという。

    「CがB氏の会社に乗り込み、『BはAとセックスした』と他の社員に聞かせるように大声を出すことが何度かありました。B氏は何度もカネを振り込み、
    積もり積もって多額に上ったんです」(前出・関係者)

     現役の人気グラビアイドルを使った前代未聞の美人局事件。8月4日発売のFRIDAY最新号では、「Aとのセックス代」や「Cへ支払った金額」などを
    赤裸々に打ち明けた、B氏への直撃取材の様子も掲載している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170804-00010000-friday-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【FRIDAY】芸能界の「闇ビジネス」を告発!現役アイドルが美人局!「証拠SEX動画」を衝撃入手】の続きを読む




    (出典 i0.wp.com)

    1 muffin ★@\(^o^)/ :2017/07/28(金) 10:47:25.65 ID:CAP_USER9.net

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170728/sca17072805030001-n1.html
    2017.7.28 05:03

    女優、石原真理子(53)が、18日に東京・墨田区内のスーパーで万引し、窃盗の疑いで警視庁本所署に任意で調べられていたことが報じられてから一夜明けた27日、石原の母、希志子さん(83)が都内の自宅前でサンケイスポーツの取材に応じた。

     希志子さんは、騒動をニュースで知ったといい「パンとご飯、どっちを買うか迷ってたところを勘違いされたみたい。娘は『店を告訴したい』と怒っている」と告白。
    現在、目立った芸能活動をしていない石原の近況については「連絡も取り合っているし、元気ですよ。近々、本を出すみたい」と明かした。

     この日、本所署はサンケイスポーツの取材に「逮捕はしていません。任意の事情聴取を行い、その日のうちに事件は処理しました」と説明した。


    【【不祥事】石原真理子、万引を疑われ怒!母が明かす「娘は『店を告訴したい』と」「パンとご飯、迷ってたところを勘違いされた」】の続きを読む

    息子なら止められるんじゃないか?


    (出典 i2.wp.com)


    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2017/07/26(水) 16:04:43.63 ID:CAP_USER9.net

     7月中旬の夜、若いサラリーマンたちが肩を組んで入店したのは、大衆居酒屋。同僚なのだろうか、
    みな打ち解けた様子で飲み会を楽しんでいる。その輪の中に、女優・松居一代(60)の長男・A氏がいた。

     A氏は27歳。2015年4月から、金融系企業に勤め、いまは実家を離れて一人暮らし中だ。息子とはいえ、
    すでに自立した社会人に騒動は無関係に見えたが……その晩、A氏本人のものと思われるブログが
    久しぶりに更新された。

    <最近両親(特に母)の言動が世間を賑わせておりますが、[中略]言いたい事は、山ほどあり、……>

     実母が巻き起こした騒動をきっかけに、A氏に関する不確かなネット情報が出回っている。それらを
    同ブログで 「事実無根」と訴えたが、騒動から目を背けることはできなかった。

    「当時小学生だったA氏は、松居と船越を2001年の結婚に導いたキューピッド。松居の連れ子だったA氏は、
    船越を『英たん』と呼び、慕っていた。『パパが欲しい』と言うA氏のために2人は結婚したといっても
    過言ではない」(芸能プロ関係者)

     結びつけただけではない。A氏には両親の騒動に心を砕く理由がまだある。

    「船越は、A氏に実の親子を凌駕するほどの愛情を注いでいた。そんなA氏が独立したことで、夫婦生活を続ける理由が
    なくなってしまった」(同前)

     A氏が船越に「お母さんとはもう離婚したほうがいい」と助言したとまで報じられている。いっぽうで、
    今回松居がこれほどSNSを駆使できたのも、A氏がきっかけだ。

    「動画制作を支える『チーム松居』は、A氏の友人だった 20代の男性らで構成されている。松居が一時身を
    寄せていたのは、その一人の祖母の家だった」(メンバーの知人)

     これほどまでに騒動のカギを握るA氏が<言いたい事>とはいったいなんなのか。本誌はA氏に声をかけた。

    ーー離婚を促したのは本当ですか?
    「………………」

    ーーお母さんに連絡しましたか?
    「………………」

     本誌記者の質問に、つけていたイヤホンを外し耳を傾けたが、取材と知るなり、真っすぐ前を見つめ
    再び耳を塞ぎ、口を開くことはなかった。

     松居は7月21日に英語版の動画を公開し、全世界に船越の不倫を訴えている。一方、船越の所属事務所
    ホリプロは、松居に対して法的措置の準備に入ったことを明らかにし、夫婦の戦いはますます燃え上がってきた。

     だがA氏が願っているのは、人々を巻き込んでの騒動ではなく、両親が自分たちで解決する道なのかもしれない。
    (週刊FLASH 2017年8月8日号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170726-00010004-flash-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【突撃取材】松居一代の長男を直撃「母親に連絡してますか?」】の続きを読む

    いつまでもつかな


    (出典 news.nifty.com)

    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/07/25(火) 18:45:04.38 ID:CAP_USER9.net

     夫で俳優の船越英一郎(57)との泥沼離婚騒動が続くタレントの松居一代(60)が結成していた「チーム松居」が“崩壊”したことが明らかになった。船越が所属する大手芸能事務所ホリプロから法的措置を取られることに萎縮した松居の支援者が同チームから離脱。松居が自慢していたシンガポールの法律事務所も本紙に弁護の受任を否定した。反撃ののろしを上げた夫に対し、鬼嫁側は一転して、2人だけとなり、窮地に陥っている。

     鬼嫁・松居が夫やホリプロに容赦ない“爆弾発言”を連発して攻めまくっていた事態が急転したのは、21日昼だった。堪忍袋の緒が切れたホリプロ側が松居に対し、名誉毀損、業務妨害などを理由に法的措置の準備に着手したことを表明した。

     それでも松居はひるまない。翌22日のブログで「弱っている体にムチ打って なんとか裁判所に来てもらいたいものだね」と船越へ裁判に出廷するよう“挑発”。23日のブログでは、船越の亡き両親の位牌の画像を公開し、位牌に彫った死去日に誤りがあるとして「不倫ばかりしているから間違うんですよ」と強烈に皮肉った。

     ファイティングポーズを崩さない鬼嫁だが、立場が危うくなっている。松居は3~4人の支援者をかき集めてチーム松居を結成し、得意のSNS攻撃を展開していたが“崩壊”したのだ。

    「松居が『デッチ』と呼んでいた支援者は彼女に日に日に距離をおくようになっていた。そこへ、ホリプロが提訴の準備を表明したことで、彼らはチームから完全に離脱。デッチは本業の広告関連業に支障が出ると判断して手を引いたのです」(広告代理店関係者)

     15日の一部報道では、計4人だったチーム松居が解散、松居は新たに男性2人を招いたと報じられたが「これは違う。松居が『たっくん』と呼ぶ20代男性は一貫してチームの一員として支え、SNSの作業を担っている」と松居の知人。

     松居は23日のブログで「私は、マスコット君と二人です」と厳しい現状を示唆したが、この「マスコット君」の正体が「たっくん」であり、23日現在、チーム松居は瓦解して「松居&たっくん」のコンビの2人だけに縮小した。

     代理人弁護士もいまだ不在とみられている。

     松居は、ホリプロが法的措置を表明する直前の21日朝、ブログに「私の、パートナーはシンガポール、ナンバーワン いや、いや いまや、アジア№1の法律事務所 ラジャータン法律事務所の№1女性弁護士ですよ」「才女の彼女は、ビジネスパートナーになってくれたのです」などと記している。

     松居が語るのは、600人以上の弁護士を擁し、東南アジア地域最大規模の法律事務所で、シンガポールにある「ラジャ・タン法律事務所」だ。

     本紙が、離婚調停・裁判において松居の代理人を務めるかと質問すると返事が返ってきた。

    「一般論として、クライアントであるかを含め法律事務所として守秘義務がございます」としつつ「弊事務所はシンガポール法の弁護士事務所ですので、日本における法律問題については、関知するところではございません」と回答。つまり、今回の松居の騒動では担当外で離婚調停・裁判で弁護を受任しないという。

     鬼嫁は2人だけとなったチームで新たなマツイ砲を放って反撃できるか。

    2017年7月25日 11時0分 東スポWeb
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13382755/


    【【危機的状況?!】<チーム松居>ホリプロ法的措置表明で支援者が離脱!鬼嫁側は一転して、2人だけとなり、窮地に】の続きを読む

    このページのトップヘ