芸能まにあ@耳よりチャンネル

芸能まにあは、主に芸能ニュースや面白ネタ、旬のスレをまとめていくサイトです。

    新手の悪質な嫌がらせやなwwww
    2017y04m29d_023225915

    1 アブナイおっさん ★@\(^o^)/ :2017/04/28(金) 21:58:44.53 ID:CAP_USER9.net

    上映中の映画「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」をめぐり、作品の根幹に関わる「ネタバレ」を悪質な手口で行うツイッターユーザーが登場し、
    被害を受けたファンから「最悪すぎる」といった悲鳴が相次いでいる。

    「コナンの映画見たい」「明日コナン見に行く」――今回のネタバレ行為の「標的」となっているのは、こうした呟きを投稿したユーザーだ。

    今回問題となったネタバレの内容は、映画中で起きた殺人事件の「犯人」が誰なのかを明らかにするもの。少年探偵を主人公としたミステリー作品の「コナン」だけに、
    これは作品の根幹に関わる重要部分のネタバレに当たる。

    その手法は悪質で、映画をまだ見ていないと思われるファンのツイートに、「犯人は●●●●(編注・伏字は原文では犯人の名前)」というアカウントのユーザーが、「いいね」を付けるというもの。
    実際に、

    「明日コナン見に行くの楽しみだな~~~」
     「コナンの映画見に行きたい!」
     「あ~~~コナン見たい~~見たすぎてやばい」

    といった投稿に、ネタバレ用のアカウントから「いいね」が送られている。

    「ネタバレ魔」はツイッターの検索機能を使って投稿を探しているのか、「いいね」が送られるツイッターアカウントは無差別的に決めているように見える。
    さらに、ツイッターの設定によっては、ツイートに「いいね」を送ったユーザーの名前が自動で通知される場合もあり、ツイッターを見なくてもスマホ画面などに表示されてしまう。

    つまり、ツイッターでコナンの映画について呟いただけで、無差別に犯人のネタバレを食らう可能性があるということだ。

    実際、この「いいね」を使ったネタバレ行為は、映画の上映が始まった2017年4月15日以降徐々に増加。
    公開から2週間近くが経った28日昼現在で、編集部が確認した限りでは少なくとも100人以上の「被害者」が見つかった。


    ※映画の鑑賞前はツイートを控えるように

    なお、当初は一人のユーザーが「いいね」によるネタバレを行っていたようだが、すでに大量の「模倣犯」が出ている。
    その数は28日昼現在で30アカウント以上に達しており、今後さらに「被害者」の数は増えていく可能性が高い。

    そのためファンの間では、映画の鑑賞前はツイートを控えるように注意を呼び掛け合う

    https://www.j-cast.com/2017/04/28296820.html


    【【映画】コナン映画、最悪「ネタバレ魔」急増 巧妙な手口、防ぐ方法ないのか】の続きを読む

    ムッチムチやなwww

    0001 ニライカナイφ ★ :2017/04/28(金) 20:56:24.34 ID:CAP_USER9

    「ラブ注入」のネタでブームになった芸人で、整体師としても活動する楽しんごが28日、都内で行われたabegakk(アベガク)のメジャーデビュー記念イベントに出席し、近況を語った。
    2009年から11年ごろにテレビ出演が多かったころは62キロだった体重が、営業先の接待で84キロに、22キロも激太りしてしまったと恥じらいながら告白した。

    さらに、著名人が自身の失敗を振り返り、教材にするテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演予定だったが、“お流れ”になってしまったこともぶちまけた。
    ボイストレーナーやインディーズ歌手として活動していたabegakkの応援団として登場し「お久しぶりでーす」とあいさつ。芸能界の生き残り方法を問われると「僕はすでに生き残ってないので。すいません!適当にマッサージと一緒にやってます」と自虐的に近況を報告した。

    音楽活動も行っているというが、実際は経済的には困ってはいない様子で、お腹まわりにはたっぷりと脂肪がつき、全体的にたくましい体つきになっていた。
    太ったことを指摘されると「結構、意外といい生活しておりまして。おいしいものばっか食べちゃってすいません。接待されたりとか。“夜のドドスコ”です」と懐かしのギャグ“ドドスコ”を織り交ぜながら、営業先などで歓待を受けていることを告白。
    さらに、「マッチョになりたくて」加圧トレーニングにも励んでいるといい、「運動した後に『すき家』の牛丼、メガ盛り食べちゃう」と肉がどんどんついてしまった理由を打ち明けた。

    13年には付き人とされる男性への傷害事件を起こし、書類送検された。
    後に不起訴処分になったとはいえ、この不祥事も影響し表舞台で見かける機会はめっきり減った。

    こうした経緯から、不祥事や失敗を経験した有名人から教訓を学ぶ「しくじり先生!!」への出演希望を公言し、一度は決まっていたというが「キャンセルになっちゃいました。
    上層部に言ったらだめだって(言われた)」と、上層部が何を指すのかまでは語らなかったが、裏話も自ら暴露していた。

    写真:接待漬けなどで体重が22キロ増量したという楽しんご=東京・池袋

    (出典 i.imgur.com)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000088-dal-ent


    【【芸能】ムチムチ!楽しんごが22キロ激太りで84キロ…「ラブ注入」が「デブ注入」に!『しくじり先生』も出演お流れ(写真あり)】の続きを読む

    すごいフォーム!甲子園出場してほしい!

    1 あちゃこ ★@\(^o^)/ :2017/04/28(金) 15:24:12.15 ID:CAP_USER9.net

    dot. 4/28(金) 11:30配信

     人気子役タレントの鈴木福(12)が4月24日に自身のブログを更新し、春から進学した中学校で野球部に入部したことを明かした。ブログで福くんは、
    「今日はみなさんに、部活についてお話します!! 僕は野球部に入りました!!!」と宣言。背番号は北海道日本ハムファイターズの大谷と同じ
    「11」をゲットしたそうで、「大谷翔平選手と同じ! ピッチャー希望です!!」と力強く語り、「これから本格的に走り込みや投げ込みも始まります。
    一生懸命頑張って、いいボールを投げられるようにしたいです!」と意気込んだ。

     福くんといえば、2011年に放送された大人気ドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)で、芦田愛菜(12)と双子のきょうだいを演じ大ブレーク。
    今でも当時の印象が強く、野球部に入部すると聞いて意外に思った人も多いだろう。しかし、子役のイメージとは裏腹に、実は小学校5年生ぐらいから
    真面目に野球に打ち込んでいたという。テレビ情報誌の編集者は言う。

    「福くんは小学5年生の時に少年野球チームに入団しました。弱小少年野球チームをテーマにしたドラマ『がんばれ!ホワイトピーチーズ』(テレビせとうち)
    への出演がキッカケで野球にハマり、2016年の夏には合宿にも参加したそうです。父親とバッティングセンターで練習する様子をブログに
    アップしたこともあります。少年野球チームでのポジションはライトかファーストで、同年11月に初安打を記録し、試合で結果を残したそうです」

     子役の仕事もこなしつつ、野球の合宿にも参加するほど、本格的に取り組んでいるようだが、その実力も気になるところ。これについても
    「意外とセンスがある」と証言するのはスポーツ紙の芸能担当記者だ。

    「2016年6月、マツダスタジアムで行われたセパ交流戦、広島対オリックスの始球式を務めたのですが、何より投球フォームが見事でした。
    しっかり右足を踏み込んで、思いっきり腕を振るダイナミックなフォームで、小学生にもかかわらずノーバウンド投球を披露しました。野球ファンの間でも
    『足がきれいに上がっていてビックリした』『肘の使い方がいい』『下半身を鍛えれば高いレベルでやれる』と大絶賛。しかも、貴重なサウスポー! 
    左投げは初見だと簡単に打てないので、高校野球まではかなり有効です。しっかり練習すれば、いいところまでいくんじゃないですか」

     そんな福くんだが、打者としても投手としても活躍している大谷選手の如く、将来は野球と俳優の“二刀流”を目指しているのだろうか?

    「本人も『将来は野球もできる俳優になりたい』と言っていますよ。実際、福くんが尊敬している人はKAT-TUNの亀梨和也(30)。亀梨も野球が得意で、
    過去にはプロ野球の球場でホームランを打つという企画にもチャレンジしていたほどです。福くんの場合はまだ中学生なので、身長を伸ばすことに
    専念すれば、それが野球を続けていく中で大きな武器になります。技術面でも中学生の時期に大きく成長することもありますし、野球もできる俳優どころか、
    今から真剣にプロ野球選手を目指すというのも面白い。もちろん甘くはないですが、少し期待してしまいます」(前出の記者)

     人気子役出身のプロ野球選手の誕生となれば、間違いなく大きな話題になるだろう。役者業だけでなく、野球部での活躍にも注目したいところだ。(ライター・丸山ひろし)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170427-00000043-sasahi-ent

    (出典 cdn.images-dot.com)


    【【芸能/野球】動画有り!鈴木福くん、役者業と野球部の二刀流をめざす“野球愛”〈dot.〉】の続きを読む

    このページのトップヘ